カフェインと育毛の関係


オーナーの竹内です。

本日は「カフェインと育毛」について
お話しさせていただきます。

 

 

カフェインと育毛の関係


はじめに結論をいいます。

カフェインの摂り過ぎは
育毛に悪影響
です。

 

なぜならば、
カフェインは交感神経を刺激するので
血流が滞りがちになるから
です。

 

カフェインが多く入った飲み物は

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • エナジードリンク

などです。

 

まぁ、ここまでの情報だと
「カフェインを摂取しなきゃ髪が生えるのね」
と短絡的に考える方もいるかもしれませんので、
最後まで読んでくださいね。

 

 

交感神経が高すぎると
カフェイン摂取で肩が凝る


交感神経とは行動を司る自律神経です。

私たちは生物なので、獲物を採るために
行動力が必要です。

 

交感神経の役目
「すぐに行動できる状態にしておくこと」
です。

だって、ぐずぐずしてたら
獲物を採り逃すでしょ?
外敵が襲ってきた時に逃げれないでしょ?

なので、交感神経が優位の時は
筋肉が軽い緊張状態
にあるのです。

 

ちなみに、交感神経が高すぎる人が
カフェイン(コー◯ー)を摂取すると、
15分程度で肩がこり始めます。
(これ、私のことです)

そのくらい、カフェインの影響力は
早くて強い
のです。

 

 

体を緊張状態にするもの


私たちの身の回りには
体を緊張状態(交感神経を刺激)するものが
多々あります。

  • ストレス
  • 考え事、仕事
  • 夜間の仕事
  • パソコン作業
  • スマホ
  • 蛍光灯の光
  • 早いリズムの音、音楽

などなど…

 

交感神経が高まりすぎることで
筋肉が萎縮し、血流が滞りやすくなります

例えば、パソコン作業が多い仕事を
しているのならば、
休憩のお茶はノンカフェインにしてください

ストレスが多い仕事もそうです。
休憩時はノンカフェインにしてください。

(大事なことなので2回言う…)

 

 

育毛には 自律神経のバランス調整が大事


なにも交感神経が悪いわけでもなく、
体を緩ませる副交感神経を
常に高めれば良い、
ということでもないのです。

大事なのは自律神経のバランスです。

 

自律神経とは交感神経と副交感神経で
できています。

↓↓↓このような感じです

 

主に昼間に交感神経が高まり
主に夜間に副交感神経が高まって
私たち体の調整をします。

 

 

 

自律神経が整うと体液の循環が
スムーズになります

この「自律神経が整う」とは
その時間帯に合った交感神経と
副交感神経のバランスが整っている状態

指します。

 

なので、夜は交感神経が高ぶるようなことをせず、
昼間は過度に交感神経を高めないことが
育毛にはとても大事です。

(現代人は常に交感神経が高い状態にあります)

 

 

当店のヘッドスパが水流を利用しているのは
自律神経のバランスを整える
「セロトニン」の分泌を行いたいからです。

水流のリズムを額のツボ(神庭)に当てて
5分後からセロトニンが分泌され始めます。

 

 

おわりに


自律神経のバランスを乱す
「カフェインの過剰摂取」は
控えてください。

特に、仕事柄、生活の中で
ストレスが高い方はカフェインの摂取は
やめてください。

 

あと、カフェイン摂取がもたらす頭皮炎症は
育毛には悪影響です。

次回の記事で解説します。

 

 

 ひとりで悩まず、専門家にご相談ください!

オーナーのタケウチです。 まずは現状をお聞かせください。

 

024-583-2025

 

090-9388-7398

 

受付時間 9:00〜19:30 (木曜・金曜は21:00まで) 定休日毎週火曜、第1・3月曜

※外出することがありますが必ず折り返しいたします。

関連記事

PAGE TOP