頭皮ケア専門店(頭皮ケアヘッドスパ) popla(ポプラ)  抜け毛・頭皮トラブル、の予防コース、改善コースを提案しております。 福島

目の使い過ぎで、後頭部の毛量が減ってきている…(女性)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
10年前にヘッドスパをメニューに導入 → 頭皮トラブルにお困り方からの相談が(なぜか)やたらくる → 相談者さん達が他に頼るトコもなさそうなので、頭皮トラブルを解消するための研究を始める。  8年かけて日本全国で頭皮改善に関する知識(アレルギー学・免疫学・東洋医学・心理学)を学び、これまで のべ3,000名の頭皮カウンセリング、改善コースを行い、髪の悩みの改善に尽力。 現在ではオンラインでも髪の悩みカウンセリングを行っている(今ここ)。 趣味はサバゲーと料理。(小学3年生から料理を作ってマス♪) 福島県立東高等学校出身。(中学は伊達中っす)

ども、poplaオーナーのタケウチです。

 

髪を育てる上で欠かせない話をします。

 

髪を育てているのは血です。
つまり髪がうまく育たないのは

  • 血の質が悪い(食べ物、増血能力(臓器))
  • 血流が頭皮まで来ていない(血流の悪化)
  • 血が体の不調へ向かっている(病気、炎症、アレルギー)

です(血が要因の育毛の不調の場合です)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、先日ご来店のご相談者様、
後頭部の上部、耳の後ろの上のあたりの
毛量が少なくなっています。

↓↓↓

このあたりは『目の反射』を意味しているので、
この方は『目の酷使』によって、毛根への血が足りず
髪の育成が不調になっているのです。

 

目って、ものすごく血を使用する器官なんですよ。
なので、目の酷使は髪に育成を不調にさせます

 

この状態(目の酷使状態で髪の育成が不調)の方は

  • 目を休ませる
  • 肝臓を休ませる
  • 血を造る

を行うと髪が育成され始めます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

『目を休ませる』については普段の生活で
目の酷使を減らすことと、睡眠時にアイマスク
することでかなり良好になります。

 

『肝臓を休ませる』には飲酒を控えること、
22:00〜2:00は睡眠していること、
イライラしないこと(ストレスが肝臓を弱らせる)、
腰を冷やさないこと(肝腎は冷えに弱い)

 

『血を造る』については

  • 食事
  • 臓器

がポイントになります。

食事は、血を作る元となる食材(補血類)を摂るとともに、
食べたものが消化吸収される胃腸の働きを向上させる食材がお勧めです。

豚レバー、鳥レバー、牛肉(赤身)イカ、ニンジン、ほうれん草、など血の生成に働く食材
あわせてキャベツ、ナツメ、しいたけ、サツマイモ(芋類)など胃腸機能を高めるものが効果的です。

 

ヘッドスパで頭部の炎症の改善、頭部への血流を良好にすることも大事ですが、そもそも自分のどこが不調なのか?を改善していかないと、せっかく良いこと(ヘッドスパ、育毛活動)をしていても、焼け石に水でもったいないです。

こちらのご相談者様には、追って毎回のカウンセリングの中で不調のヒントを見つけ、改善の糸口を探しお伝えさせていただきます。

 

 ひとりで悩まず、専門家にご相談ください!

オーナーのタケウチです。 まずは現状をお聞かせください。

 

024-583-2025

 

090-9388-7398

 

受付時間 9:00〜19:30 (木曜・金曜は21:00まで) 定休日毎週火曜、第1・3月曜

※外出することがありますが必ず折り返しいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
10年前にヘッドスパをメニューに導入 → 頭皮トラブルにお困り方からの相談が(なぜか)やたらくる → 相談者さん達が他に頼るトコもなさそうなので、頭皮トラブルを解消するための研究を始める。  8年かけて日本全国で頭皮改善に関する知識(アレルギー学・免疫学・東洋医学・心理学)を学び、これまで のべ3,000名の頭皮カウンセリング、改善コースを行い、髪の悩みの改善に尽力。 現在ではオンラインでも髪の悩みカウンセリングを行っている(今ここ)。 趣味はサバゲーと料理。(小学3年生から料理を作ってマス♪) 福島県立東高等学校出身。(中学は伊達中っす)